アウサイからYouTuberといえば

THE OUTSIDERからYouTuberになったといえばシバターですね。

というより、今シバターといえば99人がYouTuberと答え、アウサイファイターだったことを思い出す人は少ないでしょう。

チャンネル登録者数は107万人。
以前漢a.k.aGAMIとビーフになったときに、「売名行為するな」と言っていて、漢 a.k.aGAMIのほうがテレビ出てて、売名じゃないんじゃないかと思ったのですが、漢のYouTubeチャンネルShinjyukuTokyoは13万人(それもすごいですが)。
確かにYouTuberとしての格はシバターが圧倒的に上で、菱沼郷と戦っていたときが嘘のようです。

何か社会問題が起きたときに、シバターはどう斬るのかという、昔のビートたけし氏的なポジションすら感じさせます。

現役トップクラス格闘家兼トップクラスYouTuber

そのシバターを追撃するのが朝倉未来。

なんとチャンネル登録者数101万人。
2019年5月に始めたときは、「思ったより面白いなー」くらいだったのですが、
「街の喧嘩自慢にプロ格闘家がスパーリングを申し込んだらやるのかやらないのか」でブレイク。
RIZINでの活躍もあり、一気に飛翔していきました。

引退した格闘家やプロレスラーが一気にYouTubeやり始めましたが、現役バリバリでYouTubeやるのは珍しかったしクレバーですよね。
現役の時が一番注目されるのは当然なので。

毎回毎回クオリティが高いし、本当にこの人はメンタルが強くて、覚悟ができていて、怖いものが何一つ無いんだろうなと感心しながら見ています。

我らが瓜田純士が急上昇

このサイトでも何度も紹介している我らが瓜田純士がYouTubeを始めて一年半。

最近まで2万人くらいだったのですが、一気に6.4万人まで増えています。
全然瓜田氏と関係ないアカウントで
「瓜田純士のゴッドカウンセラー面白い」
のようなツイートを見ることが増えてきました。

ゴッドカウンセラーもノリツッコミもジーザスフランクもカメラマンも面白いです。

いよいよ啓之輔出陣

そして2020年4月21日、啓之輔がYouTubeチャンネルを開設しました。

シバターは目立っていたもののアウサイでは色物枠、瓜田純士は圧倒的なインパクトを残したものの行ったのは二試合。

朝倉兄弟は後半のアウトサイダーのスターなものの、「OUTSIDERのエース」といえばやはり啓之輔でしょう。

上記三人を超える面白いチャンネルになることを期待します。

The following two tabs change content below.
斉藤ギガバイト
元孤高のコーイチロー。元東京NSC7期生の売れない芸人。R-1GP2011一回戦突破。フライデーナイトライブ二位。『格闘技LOVE』『元売れない芸人の独り言』管理人。ストリートシュガーリンダ『お笑い芸人たちのあんなことこんなこと』執筆。