まさかの巌流島参戦

巌流島は、今に限らず、始まった時から
「刃牙の地下闘技場トーナメントのようだ」
と言われていました。

が、まさかの今回本当に、9・17舞浜アンフィシアターにリアル刃牙が出ることになりました。

平直行選手。
1963年12月15日生まれ。
総合格闘家。レフリー。
ブラジリアン柔術アカデミー「ストライプル」代表。
最近だと、レフリーの印象が強いですよね。

平直行選手はリアル刃牙です。

刃牙のようだ、
とか、
刃牙に似てる、
とか、
刃牙を名乗ってる、
とかではなく、

板垣恵介先生が平直行選手をモデルに刃牙を描いたのです。

『グラップラー刃牙』5巻の巻末付録を引用します。

特報 「範馬刃牙」にはモデルがいた!!

★板垣恵介先生より★

範馬刃牙のモデルを紹介しましょう。
格闘家の平直行さんです。
平さんはどこででも、誰とでも闘います。
空手、シュートボクシング、リングスと、
舞台選ばずあらゆる格闘術を駆使して闘います。
平さんは格闘技が大好きなんですね。
そして強い。
ボクは刃牙に平さんの輝きを与えたかったのです。

『グラップラー刃牙』が始まったのが1991年。
まだUFCすら始まっていない頃です。
そんな頃に総合格闘技のパイオニアだったんですね。

しかし…
そんな平直行選手も54才。
特別試合とはいえ現役バリバリトップランカーの菊野克紀選手と戦って大丈夫なんでしょうかと
ちょっと思ってしまいますが。。。。

平直行選手から刃牙へのメッセージ

『グラップラー刃牙』5巻には、平直行選手のインタビューも載っていました。

最近、空手などの試合会場で「あっ、刃牙だ!」「刃牙ーッ」と声をかけられることがあるんですよ。嬉しいことです。

…と5巻で語っているということは、「あっ、刃牙だ!」と言った人はチャンピオン読者だったのでしょう。

ボクとしては、刃牙の日常生活のシーンが好きですね。
練習したり、食事したり、学校行ったりという。

その一方で、常識破りの技やキャラクターが出てくるところがやっぱり面白いですよね。
マウント斗羽さんにしても、あんな人がいて、もし本当に強かったら素敵だと思いますし、
ホラ、あの紐切り技も怖かったですよ〜。

献本されたのでしょうか。
しっかり読み込んでいます。

そして、今回の試合の核となるような発言もありました。

もし僕が刃牙と闘うとしたらですか?
そうですね。
やはりカウンターを狙いますね。
あとは関節技を狙いますね。
飛び技は二人とも得意みたいなので、
出す出さないの駆け引きが重要になるでしょう。
刃牙の若さがどう作用するか…。
白熱しますよ。

菊野選手は、テコンドーという未知の大会に単身乗り込み、
一本勝ちして優勝したりと、
神心会トーナメントの刃牙みたいなことをしてる、
ある意味リアル刃牙です。

そんな刃牙を攻略するには、
カウンターと関節技なんですね。
巌流島だと関節技は難しいんで、
カウンター、飛び技に注目します。

The following two tabs change content below.
コーイチロー
元東京NSC7期生の売れない芸人。R-1GP2011一回戦突破。フライデーナイトライブ二位。『格闘技LOVE』『元売れない芸人の独り言』管理人。ストリートシュガーリンダ『お笑い芸人たちのあんなことこんなこと』執筆。