画期的な煽り

記者会見や計量からの乱闘。

UFCで始まり、新生K-1小澤海斗、芦澤竜誠等が完全にパッケージ化しました。

しかし、

そこから試合になる

というのは完全に画期的でした。

佐々木光之VS益田拓磨

そんな中…

現れた新星・こめお

いかにもヤバそうな、ギラギラとしたこめおが現れました。

まずはゴマキの弟・後藤祐樹が標的に。

こめお「彼が川越少年刑務所いたときに僕もいたんで、またいじめてやろうと思います」

そこに、我らが瓜田純士が割って入ります。

瓜田「お前川越だったの?」
こめお「そうだよ」
瓜田「エリートじゃん」
こめお「は?」
瓜田「はじゃねえんだよ」

特に瓜田氏が喧嘩売ったわけではないのですが、
なぜか喧嘩になってしまいます。

この辺が『遺書』でも描かれた、
ヤンキー同士の引力なのでしょうか。

瓜田「お前エリートだなっつってんだよ」
こめお「だからなんだっつってんの」
瓜田「俺に言ってんだな?」
こめお「そうだよ」
瓜田「お前、21日やろうぜ

いきなり21日の対戦が決まってしまいました。

瓜田「本気でこいよ(ピー音)
逃げられねえからなてめえコノヤロー」

こめお止まらず

しかし超新星こめおはここで止まりません。

後藤「強そうじゃないんで。僕はもっと強そうな人選びます」
こめお「俺に言ってんの?」
後藤「おめーしかいねーだろ」

こめお後藤祐樹

後藤祐樹に噛みつき…

瓜田純士こめおにガンつけ

瓜田純士と一触即発。
…このガンつけ、Aym-JET戦を思い出しますね。。。。

さらには少林寺拳法山川そうき選手に前蹴り!笑

前川そうきこめお

超新星こめおから目が離せません。

The following two tabs change content below.
斉藤ギガバイト
元孤高のコーイチロー。元東京NSC7期生の売れない芸人。R-1GP2011一回戦突破。フライデーナイトライブ二位。『格闘技LOVE』『元売れない芸人の独り言』管理人。ストリートシュガーリンダ『お笑い芸人たちのあんなことこんなこと』執筆。