馬鹿よ貴方は大

馬鹿よ貴方はとは

馬鹿よ貴方は。
変な名前ですが、オフィス北野所属の漫才師です。

パーカーを来たほうがツッコミ。
新道竜巳(37)。
東京NSC7期生出身。

スーツの風刺画のようなほうがボケ。
平井ファラオ光(30)。
東京NSC7期生出身。

実力派と言われながら地下にうずもれていたのが、
2014年にTHE MANZAI決勝に進出し、
ダウンタウンDXに出る程のブレイクをしました。

ポニーキャニオンからDVD発売

そんな馬鹿よ貴方はが、
ポニーキャニオンからDVDを発売しました。

ポニーキャニオンは、
ミュージックテープを販売するために、1966年に設立された会社。
フジ・メディア・ホールディングスの連結子会社で、同社映像音楽グループに属しています。

  • 『とんねるずのみなさんのおかげでした 全落・水落オープンDVD-BOX』
  • 『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』
  • 『あいのり ラブワゴンが出会った愛 〜ヒデが旅した1年半〜』

など、フジテレビ系のバラエティのDVDなど、様々なお笑いDVDを発売しています。

そんな老舗に認められ、馬鹿よ貴方はのDVDが発売決定。

その発売記念単独ライブに行ってきました。
虎ノ門の、ポニーキャニオン1Fのブースで行われました。

馬鹿よ貴方はのトーク

漫才から始まり、
トークに。

馬鹿よ貴方はは、ファラオの全く喋らず、ボソっとボケだけ発するスタイルが特徴。
ですが、トークでは、ファラオも喋っていました。

これは、難しい決断だったと思います。
芸人の難しさは色々あるのですが、
その一つが

ネタとトークとどっちもがんばらないといけない

ということです。

稀に有吉氏のように、トークだけで天下を取れる人もいますし、
ネタで営業で食べていけるコンビもいますが、
基本的には

ネタが面白いと認められ、その後にトークで勝負

しなければいけません。

そこで出てくるのが

ネタのキャラと素のギャップ

です。

素に近い感じで、漫才をしているコンビはいいです。
しかし…

思い切りキャラを作らないと抜きに出るのが難しいピン芸人はしんどいです。
ネタでおもしろキャラをやって、トークで普通に話し始めたら興ざめです。

馬鹿よはコンビですし、
キャラネタというより台本もきっちりしているのですが、
とはいえファラオの雰囲気・間で、ボケが何倍にも増幅されているのは間違いないです。

トークは最初、ポニーキャニオンの人がMCとしていて、
馬鹿よがそれを受ける形で行われました。

新藤君「何話せばいいんですかね」
MC「なんでもいいですよ」
新藤君「本当ですか? ○○連合の話でもですか?

ポニーキャニオンのブースで○○連合の名前を出すとは、
さすが地下芸人からの叩き上げだ。

ファラオ「DVDを買いたくなる話でもするか」

ファラオのほうから、
まともな筋に沿ったことを言いました。
ぶっ飛んだこと、ブラックなことだけ言っておいてほしい気もするが、
大勢のトークならともかく、一対一では厳しいのかもしれません。

だが…

ファラオ「特典映像あるじゃん」
新藤君「あー、そこ僕まだ観てないんだよね」
ファラオ「あれ、全然面白くなかったぞ

このようにトークの中でブラックさの片鱗を出すことはちょいちょいありました。

要潤からのメッセージ

そして、要潤からのビデオメッセージがあり、その後に…

MC「では、せっかくなので、要潤のネタをやってもらえますか?」

これはきつい。

昔ガキの使いで、山崎邦正氏(47)が
「まーやります。まー!」
とやって、スベられていたことがあったが、
やはり先に言ってはウケないのです。

当然THEMANZAIファイナリストはそんなことはわかります。

新藤君「多めに笑ってくださいね。これたぶんみんな知ってるんで」

そしてネタが始まりました。

ファラオ「好きな人は要潤」
新藤君「要潤が好きなんですね」
ファラオ「嫌いな人は…要潤じゃない人」
新藤君「どれだけ好きなんだよ」
ファラオ「好きな潤は、要潤」
新藤君「わかったよ」
ファラオ「好きな要潤は、要潤…もうよくない?

無茶ぶりに対し、対応しながらも、自分たちも主張し事故を防ぐ。
明らかに腕を上げていました。

その後は、
東スポにファラオが童貞であるということが
大きなスペースを使って取り上げられていた話や、
新藤君が大江戸温泉でアルバイトを始めたが、
芸人の後輩が指導係で気を使ってもらい、
ゴミも運ばせてもらえない話をしていました。

もはやネタでは敵なしとなった馬鹿よ貴方はが、
トークで今後どのような戦いをするのか楽しみです。

The following two tabs change content below.
コーイチロー
元東京NSC7期生の売れない芸人。R-1GP2011一回戦突破。フライデーナイトライブ二位。『格闘技LOVE』『元売れない芸人の独り言』管理人。ストリートシュガーリンダ『お笑い芸人たちのあんなことこんなこと』執筆。