140724sahara-600x399
出典:恋愛JP

夜になると増える「電話占い」

電話占いで最も利用が多いのは、夜の時間帯だと言われています。
21時~1時頃でしょうか。
家に帰ってご飯を食べて、ちょっと一息ついた時間帯ですよね。

そんな時、あなたなら何を考えますか?
今日あったこと? 明日のこと?
それとも、最近あなたの頭を占めている悩み?

夜は一人になって思考の海に沈むことが多くなる時間。
些細な棘(とげ)だったはずの不安が
いつの間にか大きく育ち、存在を主張する時間でもあります。

そんな時間に気軽に相談出来る「電話占い」があったら
ふと手を伸ばしてしまう人が増えるのも分かる気がしませんか?

夜になると不安が大きくなるのはどうして?

太陽が沈み、月や星が空を支配する「夜」は、
無意識(潜在意識)と密接なつながりがあります。

つまり、普段は潜在意識の奥底に潜んでいる不安や願望が
表に出て来やすい時間帯だということ。

それに夜は昼と違って
周囲が静かなことが多いですから、
ちょっとしたことでも深く考えてしまいがち。
昼なら他のことに向く意識も
夜だと、1つのことに集中してしまう。

これが結果的に不安を高め、
夜に占いをすることになる原因なのです。

夜の占いは昼の占いよりも話が長くなりやすい

「不安」が大きくなりがちな夜の占いは
「結果を知る」ということの他に、「不安を解消する」という要素が強くなります。
だから、結果的に昼の占いよりも話が長くなりがち。

心の中にあるものを吐き出して、しっかりと話を聞いてもらい、不安を解消する。
夜の占いに求められるのは、単なる占いではないのかもしれません。



The following two tabs change content below.
占い師 優瓜
占い師の優瓜(ゆうり)です。 占い歴は約20年。占い師と平行して、十数年間パワーストーンのお店を運営しています。 様々な占いやセラピーを駆使しながら、「生きやすい人生とは何か」を探す求道者。 占い師の視点から、様々な情報を発信していきます。