竹川光一郎選手2-1

サラリーマン格闘家の竹川選手インタビュー中編。

前編 からの続きになります。

竹川選手2-3

その視線の先にはもうChris Hilgeがいる

阿仁鬼選手には喝を入れてもらった

-やってきたことを出せなかったといえば、阿仁鬼選手戦を思い出します…

(竹川選手は2013年12月8日のパンクラスディファ有明で、阿仁鬼選手という強面の打撃系ファイターに1R左ストレートでKOされている)

「阿仁鬼選手すごかったです。あのおかげで得る物が大きかったです。

練習スタイルも変わったし、柔術にも取り組みました。

阿仁鬼選手は46歳なんですが、若者に喝を入れてもらった感じです」

-GRACHANというのはどのような大会なのですか?

「最初は地下格闘技的だったのかもしれませんが、今はパンクラス、修斗に並ぶくらいの大会だと思っています。

運営もスタッフもしっかりしています」

-肘有りなんですよね? 肘の練習はされていますか?

(K-1で肘が禁止されて以来、テレビ放送なども考え日本格闘界では肘無しが多かった。だがUFCが肘有りなので、少しづつ変わってきている)

「肘は今までもらったことも、出したこともないですね。打った人の骨が折れたりして、結構危険なんですよ。

でも経験したら、その考えも変わるのかもしれません。

練習してるのでヒジで倒したいですね」

竹川選手肘

GRACHANで重要な肘の攻防対策もバッチリだ

世界が俺中心に回ってる

-試合は緊張するものですか?

「します。超します。一番最初の試合はそんなにしなかったんですが、

やってみるうちに、怖さや痛さも知って、緊張してきますね」

-怖さとか痛さは感じるんですね。それでも続けるというのはなぜでしょうか?

勝ったときの感じが、たまらないんですよ。

一週間くらい、『世界が俺中心に回ってる』と思えますね。

何食べてもおいしいです。

たぶん格闘家は、みんなそれを知ってるからやってるんじゃないでしょうか。

この前なんか、二年間負けてて、二年越しの勝利だったんで、それはすごかったです」

-ケージに登られてましたもんね。確かにあの時世界は竹川選手のものでした。

竹川選手キラークイーン

竹川選手が勝った時のみ発動するキラークイーンポーズは21日見れるのか

必殺のヒザ蹴りを狙う

-二年越しに勝てたラサール☆おさみ選手戦の勝因を教えてください。

(2014年11月30日のGRACHAN15で、ラサール☆おさみ選手に1R4分14秒ヒザ蹴りでKO勝ちをしている)

「西垣コーチに打撃を教わっていて、ミット打ちをしてもらってるんですが、

前回の試合前にヒザ蹴りを教えてくれて練習していて、結局ヒザで勝てたのでよかったです」

-今回もヒザは狙いますか?

「もちろん、チャンスがあれば」

-それ書いて、対戦相手に検索されませんかね?

全然書いちゃってください!

西垣恵コーチ

ミット打ちをしている西垣恵コーチはトイカツ道場のインストラクター。「闘うバイオリン弾き」としても有名。

竹川選手ヒザ

このヒザ蹴りが決まれば、勝利は間違いない

竹川光一郎
生年月日:1985年12月12日
身長:181cm
所属:和術慧舟會 トイカツ道場
6月21日のGRACHAN17に参戦!

https://twitter.com/ko_1_ro_tkkw
http://www.grachan.jp/





The following two tabs change content below.
コーイチロー
元東京NSC7期生の売れない芸人。R-1GP2011一回戦突破。フライデーナイトライブ二位。『格闘技LOVE』『元売れない芸人の独り言』管理人。ストリートシュガーリンダ『お笑い芸人たちのあんなことこんなこと』執筆。