意外に話題にならないブロッコリー

美肌や美白にいいと注目されるのは、野菜ですとキャベツや人参などですね。
フルーツでは、イチゴやレモン、キウイが多いと思います。

しかし、意外に注目されないのがブロッコリーです。
ブロッコリーには、レモンの2倍のビタミンCやビタミンAやE、食物繊維がたっぷりなのです。

夏が来る前に強い肌を育てよう

夏になると紫外線がさらに強くなりますね。
紫外線の影響でシミや肌老化が進まないように気をつけたいものです。
UVクリームやスキンケアでの対策はもちろんですが、食べ物で内側からケアすることも大切です。

内側からのケアで、紫外線や乾燥に負けない肌作りをするために、ブロッコリーがすごくいいのです。

ビタミンCはシミの予防、コラーゲンの生成に役立ちます。
ビタミンAは抗酸化力が高く、肌や粘膜を正常にキープしてくれます。
ビタミンEは、抗酸化力もありながら血行を促進して新陳代謝アップに努めてくれます。

ブロッコリーの調理で気をつけたいこと

ブロッコリーを調理するときは、少し硬い目に茹でるように心がけましょう。
あまり茹ですぎるとビタミンCにが壊れてしまいます。
硬い目の方がしっかりと噛めて美容にもいいです。

しっかり噛んで食べる女子は、リフトアップ効果で小顔です。
シャキッとしたブロッコリーを食べて、夏の肌トラブルに備えましょう!



The following two tabs change content below.
カナリヤ 響子
シンガーソングライター、WEBライターです。iTunes StoreやYouTubeなどでオリジナル曲やカバー曲を配信したり、WEBマガジンサイトにてコラムなどを執筆しております。好奇心溢れる毎日を綴った公式ブログも人気です。